チェック!「正中線がない」はあり得ない事実を知ろう!


正中線と言う「お腹の真ん中に縦にできる線」は誰でもあります。
ただ、見えないくらい目立たない事が多いので、通常の人は正中線はないと思っているんですね。

 

実は誰でも「正中線」はあります!そして生まれた時からあるんですよ!

 

 

 

 

 

実は誰にでもある正中線!メラニン色素の差により見える人と見えずらい人がいる!


なぜ正中線が出来てしまうかというと、元々正中線は誰でもあるんですが、その線を目立たせてしまう色素があり、その色素が強く出てしまう事で無かったように見えた正中線が見えるようになり、「正中線が出てきた」となるのです。

 

 

その色素が「メラニン色素」と呼ばれるものです。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

メラニン色素が濃い人、メラニン生成率が高い人がこのお腹の線(正中線)が濃くなり、人によっては、色が付き、黒色、赤色、茶色などの色を帯びるとより一層この線は目立ってきます。
結果的に、今まで目立たなかった線が浮き出るように思えるので、ゼロから線ができたとか、発生したとかいう悩みが多いんです。

 

 

実は元々あり、体内色素のメラニン色素の量が多くなったか少なくなったかの違いだけなのです。

 

 

なので「正中線がない」人はあり得ないと思っていいです。必ず人間なら生まれた時にすでに正中線があります。
個人の体質の差の問題で、メラニン色素の生成の差が出てくるので、目立つくらい見えたり、薄く見えたり、目ではほとんど確認できなかったりする人がいるわけです。

 

 

生まれつきのメラニン色素の差以外では、女性の場合に「妊娠」があります。妊娠すると特定の女性ホルモンが増加して、その関係でメラニンが活性化します。
その為、女性の場合は特に「妊娠」をきっかけに正中線に色が付き、強く浮き出る人が多いようです。

妊娠と正中線については「妊娠すると正中線が浮き出る」で詳細に説明していますので参考にしてください。

 

 

 

「正中線を消したい」という人は目立たなく通常の線に戻す為にメラニン色素の発生を少しでも抑制させる必要があるんですね。
詳しくはトップページ「正中線を消す方法」に記載していますのでご覧ください。

トップ/正中線の対策法
正中線を対策出来る「商品」

スポンサードサーチ
TOPへ