チェック!正中線が目立つ原因はメラニン色素にある!


生まれつき正中線が目立つ人もいますが、、生まれた時は正中線は目立たず、成人した後で、太ったりやせたりした時のホルモンバランスの変化により、もともと目立たなかった正中線が強く目立ってしまうケースもあります。

 

 

 

 

この誰でも持っている正中線が目立つようになる原因は、「メラニン色素」です。
メラニン色素が成長過程のホルモンバランスの変化によって強く出ると、正中線が濃く、強く出てしまい、結果、お腹に目立つ線が出来てしまうのです。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

ホルモンバランスが崩れやすくなる時期は女性の場合は妊娠がありますね!
妊娠する前の女性はエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが分泌されており、生理周期を正常に保っています。
しかし、妊娠をきっかけに赤ちゃんの為の胎盤をサポートさせる為にプロゲステロンの分泌量を大幅に増加させます。

 

 

 

 

このプロゲステロンが増加する事により、プロゲステロンの作用の1つであるメラノサイトの活性化が図られて、メラニン色素が強く出る状態の身体になります。この状態が妊娠中もあるからこそ、「正中線」として現れます。正確には元からあった「正中線」に色が付いたわけですね!

 

 

 

 

 

ホルモンバランス以外でも正中線を強く浮き出させてしまう原因もある!


メラニン色素が強く出る事で正中線が目立つようになります。1番の原因は女性ホルモンのプロゲステロンが増加した事によるメラニン活性化によるメラニン色素自体が多く出る事です。

 

 

しかし、それ以外にも妊娠や出産した女性にメラニン色素が強く出る原因があります。

 

 

 

 

ホルモンバランス以外の原因@:「お腹・皮膚へのダメージがある!」


それはお腹への直接のダメージがある事です。妊娠するとお腹が大きくなります。
お腹が大きくなる事で洋服との接触面が広くなり、日中は絶えず皮膚を洋服に接触させる状態が続きます。この洋服との摩擦によって皮膚に刺激が与えられ、活性化されているメラニン色素が皮膚に沈着する事を促進させてしまうのです。

 

 

 

 

ホルモンバランス以外の原因A:「乾燥しやすい産後の肌が危険!」


妊娠をして出産が終わった後でも正中線の色を濃くしてしまう原因も潜んでいます。
それは乾燥です。

 

 

女性の産後は授乳を繰り返す事で体内水分が通常よりも少ない状態にあります。
体内水分が少ない状態にある皮膚は乾燥しやすい状態になります。

 

乾燥している状態だと黒ずみが発生しやすくなります。特に女性ホルモンの乱れでメラニン色素が体内に多く発生していた時期がある産後の女性は乾燥のお腹により、そのメラニン色素を多く沈着させ黒ずみを発生させやすくしてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

トップ/正中線の対策法
正中線を対策出来る「商品」

スポンサードサーチ
TOPへ