いつから正中線はできる!?メラニンが多く生成された時に浮き出る正中線!


いつから、いつ頃からお腹に縦の線が出来るのか。
そんな疑問をよく聞きますが、いつからと断言はできないのが現状で、お腹の縦線、つまり正中線はメラニン色素が多くなると目立ってきてお腹に現れます。

 

 

 

しかし、メラニン色素が少なくなると、自然に目立たなくなり、目では確認できないくらいまで目立たなくなります(これは消えたという事と同じです)

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

確認!ホルモンバランスの変化でメラニン色素も変化する


いつから正中線が出来るかはメラニン色素がいつから多くなるのかという事と同じです。正中線の有無や色の濃い薄いはメラニン生成の量に左右されます。

 

 

では、メラニン色素はいつから多くなるのか。
これは、女性の妊娠を抜かしては人それぞれです。

 

 

 

急激に太ったり、痩せたりするとホルモンバランスが崩れる事があります。
この事によってメラニン色素が多く発生してしまい、お腹に縦の線が出来てしまう事もあります。(つまり正中線が出来てしまうという事)

 

 

 

人によってはホルモンバランスの変化がなく一生涯メラニン色素が一定で安定している人も多くいます。
また、メラニン色素は日光が大好きで日に当たる事でより活性化してしまいますので海に多く行っている人、プールが好きな人もメラニン色素が多くなりやすいので正中線の色も濃くなりやすいと言えるでしょう。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

女性が妊婦した場合は必然的に出るメラニン色素


メラニン色素が多く出てしまう時期は個人差があり決まった時期はないと説明しましたが、女性の場合、妊娠の時期では、ほとんどの人がホルモンバランスの変化に悩まされます。
女性ホルモン「プロゲステロン」が妊娠をきっかけに急激に増加するからです。

 

 

このプロゲステロンの作用の1つにメラニン色素を活性化させてしまう作用があるので、妊娠時にはメラニンが多く生成され、正中線が濃く出てしまうのです。

メラニンが強く出ると正中線が濃く目立つだけではなく、肌荒れやニキビ、シミなどの発生も多くなりますよね!

 

 

この妊娠時のホルモンバランスの変化によりメラニン色素が多く発生します。
ほとんどの妊婦はホルモンバランスの変化や乱れが生じていると思って間違いないのが「妊娠の時」です。

 

 

 

 

 

妊娠線とは違う正中線!妊娠後も残るようなら対策が必要!


妊婦の多くが、妊娠時にお腹に出来る縦線は妊娠線と勘違いするのですが、妊娠線はまた別物で皮膚の真皮にあるコラーゲン繊維が破壊されて起こるひび割れ状態の線であり、正中線とは見た目も全く異なります。妊娠線の多くは出産後もその線が続くのに対して正中線は妊娠が終わり、出産すると、ホルモンバランスが正常化する事が多いので、一時的に正中線が出来ている場合が多いです。

 

 

 

 

出産して元通りの生活に戻れば妊婦の正中線は元の状態に戻ると思ってしまいますが、、例外でそのまま正中線が残る人もいます。
この理由はホルモンバランスが乱れたままも状態にある事が原因です。

 

 

または、ホルモンバランスが正常化してもメラニン色素だけが異常な状態になり活性化を続けている状態であるかもしれないです。
この場合はビタミンCなどのメラニン色素を抑制する食べ物を多く摂取したり、正中線対策として売られているメラニン生成を抑える成分が配合されているクリームやジェルなどの商品を使うのがベストですね!

トップ/正中線の対策法
正中線を対策出来る「商品」

スポンサードサーチ
TOPへ