消える&消す正中線対策は先ずはやるな!原因不明の場合に対策するのがベスト!


消える、消す正中線対策としては、まずは自然に消えるのを待つ事が得策です。
妊娠線や肉割れ線と違って対処しないといつまでも残る線とは違い、正中線は一時的だけの場合もあるからです。

 

 

 

 

特に妊娠を機会に正中線の線が目立ってきた人は妊娠によりホルモンバランスが乱れメラニン色素が強く出ていることが原因になるので、出産して妊娠が終わりしばらくすると自然に通常の薄さに戻る可能性が高いんです。

妊娠と正中線については「妊娠すると正中線が出来る!」で詳細に説明していますので参考にしてください。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

妊娠以外のメラニン生成過多は原因特定が難しい!


妊娠がきっかけではなくて、成長の過程で正中線が濃くなってきたとか、妊娠出産後もそのまま正中線の線が強く残っている、色が付いているなどの場合は初めて対応策が必要になってきます。

 

 

 

この場合の原因は、妊娠の一時的なホルモンバランスの乱れではなくて、常時なんらかの原因で、メラニン色素が強く作用しているものと考える事ができます。また、妊娠をきっかけに体質が変わり、メラニン生成を促す女性ホルモンである「プロゲステロン」が平均より多い体質になった可能性もあります。

 

さらに、日焼けが続いてメラニン生成が過多になったケースもあり、メラニン生成過多の原因を特定するのは難しいのです。
このような原因が不明でメラニン生成が過多になっている場合には正中線対策をする事が望ましいですね!

 

 

特にメラニン生成が過多でも病気や体調悪化に関係する事はありませんので体質的に多いと考えてください。心配しなくても大丈夫ですよ!

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

残り続ける正中線にはメラニン生成を抑える対策をしよう!


メラニン生成が平均よりも多めの人は正中線もいつまでも濃い状態を維持してしまうかもしれません。
このような場合には自然に薄くなる事は少ない事が多いので正中線を消す対策をする必要があります。
つまり、メラニン色素を抑える対策が必要になってきます。

 

 

 

具体的にメラニン色素を抑える対策として有効なのがメラニン生成を抑制する成分の摂取です。「トラネキサム酸」や「シムホワイト377」、「ルシノール」、「カモフラET」、「エラグ酸」などがありますね。

メラニン生成を抑える成分については「メラニンの生成を抑える成分まとめ!」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

また、口から摂取出来るメラニン生成を抑える成分では「ビタミンC」が有名です。
通常の摂取ではなくてシミや正中線の色を消すくらいになると大量に摂取したほうがベターですね。ビタミンCを取りすぎても病気になる事はないビタミンですからね^^。

 

 

トップ/正中線の対策法
正中線を対策出来る「商品」

スポンサードサーチ
TOPへ