効率よく短期間で正中線を消す方法!消えない正中線対策に!


悩ましい正中線ですが、現在最も効率的に正中線を消す方法、つまり薄くする方法は、
以下の2つです!

 

正中線の対策法
メラニン生成を抑えるクリーム(ジェル)
ビタミンCの大量摂取

 

ただ効率的な方法であって、正中線という線は自然と消える場合も結構ありますので、すぐに消したい又は、どうしても消えないと悩んでいる人のみ参考にしてもらえると良いと思います。

 

 

 

 

正中線とはメラニン色素の作用が強く出る事で生じるお腹の縦線です。
男性ならあまり気にならない人もいますが、女性はこの線が気になる人も多いですね。

 

 

 

特にメラニン色素が多く出るのはホルモンバランスが乱れている時なのですが、これが女性の妊娠時期に当たります。
女性の妊娠時期にはホルモンバランスに大きな乱れが生じ、結果、「メラニン色素」が強く出てしまい正中線が濃くなり、目立つようになるのです。

詳細は「正中線と妊娠について」で説明しているので参考にしてください。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

メラニン生成過多の時期が終わっても残る正中線には対策を!


正中線は体内から一時的に強く出たメラニン色素によりお腹に生まれつき誰でもある縦線である「正中線」を濃くして目立たせてしまいます。

 

 

しかし、この正中線はメラニン生成過多の有無によって左右されるので、妊娠によって正中線が目立っている状態の人は出産して妊娠が終わるとホルモンバランスの正常化により、メラニン色素が通常の状態に戻り、お腹の正中線も通常の状態に戻る人が多いです。

 

 

通常、成長過程で出てきた正中線と違い、妊娠で出来た正中線は妊娠時期だけであるとも言われています。

 

 

 

 

 

しかし、最近では出産して正常な状態に戻ってもお腹の線が消えない人も多くいます。
成長過程で正中線が出来てしまった人を含め、そのような人は、なんらかの原因でメラニン色素が強く出続けている状態であると言えます。

 

 

 

そのような場合には正中線を素早く消す対策として上記で紹介した正中線を効率よく消す方法の@メラニンの生成を直接抑える成分を配合したクリーム(ジェルなど)の使用とAビタミンCを多く摂取する事が挙げられます。
自然に消えない正中線がある場合はメラニン生成が過多の状態が続いています。メラニンの生成自体を抑える事が正中線を消す方法になるのです。

 

正中線対策の王道!
メラニン生成を抑える成分を皮膚に塗る
メラニン色素を抑制する成分を摂取する

 

 

トップ/正中線の対策法
正中線を対策出来る「商品」

スポンサードサーチ
TOPへ