妊婦には妊娠線とは別に正中線がある!消えない場合は消える対策を!

 

妊娠して妊婦になると多くの人に出来るのが正中線と肉割れ線です。
肉割れ線というのは、急激に妊娠してお腹が大きくなることで皮膚が伸び、その皮膚の伸びに真皮にあるコラーゲン繊維が追い付く事ができず破壊された為に起きるひび割れのような線です。

 

 

別名で妊娠して起こる事が多いので「妊娠線」とも呼ばれています。
この妊娠線に関しては、出産後もほとんどの人が消えずに残ります。そして対策をしなければ一生涯残る線です。

 

 

 

しかし、正中線というのはお腹のおへそを中心に上下に伸びる線でその線は1本です。
この正中線は妊娠線と違い出産して妊娠生活が終わると自然に消えてなくなる事がほとんどです。

 

しかし、ほとんどが無くなりますが、消えて無くならない場合もあります。そのような正中線では消す為の対策が必要になってきます。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

正中線が目立つか目立たないかはメラニンがキーワード!


正中線が消えない、妊娠後も消えない、又は妊娠に関係なく発生してその後も消えないという場合には多くの場合、体内色素が関係しています。
体内色素でも悪玉のメラニン色素が大きく関係しています。

 

このメラニン色素が強く発生する事により、シミやそばかすなどが発生したり、元からあるシミが濃くなっていきます。

 

 

 

正中線も同じで生まれつき誰でも正中線はあるんです。
それが目立つか目立たないかはメラニンが多く生成されているか、されていないかの問題です。

 

 

 

メラニン色素が強く作用してしまうと正中線の線に色が付いてしまいくっきりと目立つ線になってしまいます。
これがいわゆる「正中線が発生した」という症状なんです。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

消えない正中線の消える対策方法


消えない正中線対策は、トップページでも記載しているように、メラニン生成を抑える成分の摂取が必要不可欠になります。

 

 

メラニン生成を抑える成分の摂取でメラニン生成を抑える事が出来ます。
具体的には正中線が出ている皮膚の箇所に直接塗るクリームタイプと口から摂取する事が出来るタイプがあります。

 

 

皮膚に直接塗るタイプは正中線対策クリームなどとして通販などでも販売していますね!
口から摂取するタイプはメラニン生成を抑える成分で口からの摂取が可能な成分を凝縮させたサプリメントや濃縮ジュースなどがあります。

メラニンの生成を抑える成分については「メラニンの生成を抑える成分抜粋!」で紹介しているので参考にしてくださいね!

 

 

正中線がどうしても消えないという人は試してみてくださいね!

 

トップ/正中線の対策法
正中線を対策出来る「商品」

スポンサードサーチ
TOPへ