産後正中線はなくなる!消える!消えない場合は対策を!


妊娠すると様々な症状が起きます。精神的不安定や、身体的な異常が発生したりしますね。
その中の1つでホルモンも異常な動きを見せます。女性ホルモンのプロゲステロンが赤ちゃんの胎盤作りの為に欠かせないホルモンである事から大きく増加します。

 

 

 

プロゲステロンはメラニン色素を活性化させる作用があります。その為、妊娠するとメラニン色素が異常に強くなり、その色素の作用で正中線がくっきりと現れる事が多くなります。

 

 

 

正中線は妊娠時期だけの線と思っている人が多いですが、確かに、事実として出産して妊娠生活が終わり落ち着いてくるとメラニン色素の発生が抑えられて元のお腹に戻る人が多いです。

 

しかし、残念ながら妊娠時期に生じた正中線がそのままの状態で産後も残ってしまう人も多いんです。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

このように妊娠時期のみだけでなく正中線が現れてしまう状態が一番怖い正中線です。
この場合は、考えられる原因としては、メラニン色素の作用がなんらかの原因で通常よりも多く発生しているという事です。

 

 

産後正中線が消えない又は、妊娠に関係なく正中線が出来てしまったという人はメラニン色素が強く作用している事が考えられるのです。
まず対処する方法としては、

 

メラニン色素を抑制するクリームなどを正中線箇所に塗る
メラニン色素を抑制する成分を意識して口から摂取する

メラニン色素を抑える事ができなければ、正中線の線は一生消える事がないです。
そして正中線箇所の保湿も怠ると、線の色がより促進されて黒や赤紫色になる事もあります。

 

 

 

通常の人では、正中線が途中で出来た場合には必ずホルモンバランスの乱れ等の原因があるのですが、妊娠もしていなく精神状態も安定しているという状態なら体質的にメラニン生成が多い体質になった可能性があります。若い頃からシミやそばかすが多い人がこのメラニン生成が多いタイプの人ですね!

 

 

 

結論から言うと産後は正中線が消える(目立たなくなる)人は約9割です。
産後も続けて正中線が出ているのならメラニン色素が産後も強く出ていることになります。
そのような場合は「正中線を消す方法」を実践してみてください!

トップ/正中線の対策法
正中線を対策出来る「商品」

スポンサードサーチ
TOPへ